眼精疲労・疲れ目に効くビタミンaを特集!過剰摂取対策も万全♪

眼精疲労

どうも、シュガーソルトです。

今日は、〝目の疲れ・眼精疲労に効くビタミンa〟についての特集です^^

  • 眼精疲労・疲れ目に効くビタミンaとはどんな栄養素?

  • 何を食べれば眼精疲労に効くビタミンaを効果的に摂取できるのか?

  • ビタミンaには、過剰摂取による副作用の心配はないのか?また、その対策は?

などなど、眼精疲労・疲れ目の方には必見の内容になっています!是非ご参考にして頂けると幸いです^^

スポンサードリンク

疲れ目・眼精疲労に効くビタミンa特集!

ビタミンaの効能~眼精疲労にホントに効くの?~

ビタミンa(βーカロテン)は〝目のビタミン〟と言われるほど目の健康との関わりが深いビタミンで、涙の量を増やすことで目の粘膜を潤し、乾燥から守ってくれます。また目の網膜にあり、光の明暗を感じたり色を識別する「ロドプシン」という物質の主成分で、ビタミンaと摂取することでロドプシンが活性化し、眼精疲労や視力の回復にも効果を発揮します。今問題になっているパソコンやスマホの見すぎによる目の疲れ、ドライアイなどに効果的です。

ビタミンaが豊富に含まれる食材は?

では、豊富に含む食材を見てみましょう!※100g中
【肉類】

鶏レバー 14000μg
豚レバー 13000μg
牛レバー 1100μg

【魚介類】

うなぎのかば焼き 1500μg
イカ 1500μg

【野菜】

モロヘイヤ 10000μg
にんじん 7700μg
あしたば 5300μg
ほうれん草 4200μg
大根の葉 3900μg
小松菜 3100μg
ちなみにビタミンaは、下記の状態で食品に含まれています。

  • 肉や魚などの動物性食品にはレチノール
  • 野菜などの植物性食品にはβーカロテンなど

スポンサードリンク

ビタミンaの不足、又は過剰摂取するとどうなる?

ビタミンaの不足

ビタミンaが不足すると、ドライアイ眼精疲労など目のトラブルをはじめ乾燥肌や肌荒れを起こしやすくなります。また、爪がもろくなるなどもビタミンa不足のサインです。

ビタミンaの過剰摂取

ビタミンaは脂溶性ビタミンで水にとけないため、過剰に摂取すると肝臓に余剰分が溜まりなかなか排出されません。過剰摂取の副作用として、頭痛脱毛筋肉痛などの症状が出ることがあります。また、妊娠初期に大量に摂取すると、おなかの赤ちゃんの発育に悪影響をあたえる危険性もあります。


ビタミンa過剰摂取2つの対策

① 食品から摂取する!

サプリメントなどを使うと過剰摂取になりやすい傾向があるため、基本食品からの摂取を心がけましょう。

② 野菜からとると、過剰摂取による副作用がない!

植物性食品から摂取する場合、先に上げた副作用はありません。理由は、植物性食品にはβーカロテンとして含まれているのですが、体内で必要な量だけビタミンaに変わるからです。但し、動物性食品に含まれるレチノールと比べ吸収率がおよそ1/3と劣ってしまいますので、吸収を促す油と一緒に調理する炒め物などがおススメです^^

終わりに

今日は、現代病の1つとなっている〝疲れ目・眼精疲労に効くビタミンa〟を特集してみました。

僕も仕事柄パソコンでのデスクワークが中心ですし、移動中もスマホをついつい見てしまうたちなので目は疲れているんだろうな~ってよく考えます(汗)

日々の生活の中で、出来るだけ気をつけながら効果的にビタミンaを摂取していきたいですね^^

では本日も最後までご精読ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ