添加物は子供の健康上メリットなし!危険な添加物を避けよう!

食肉

こんにちは、フィッシュです。今日は「危険な添加物調査」第3弾です。
加工食品は、食卓にすぐに並べられる忙しい家庭の救世主ですが、必ずしもすべて最良の材料でできているとは限りません。
きちんと見極めて、子供にはできるだけ安心なもの、健康に良いものを食べさせたいので、調べてみることにしました。
そこで(普段、我が家で良く食べている種類の)食肉加工食品に含まれる気になる原材料、添加物を商品別に比較して個人的に評価してみました!

スポンサードリンク

商品別 比較&評価

まず始めに、評価の基準です。
個々の商品の評価は、体に良いものが含まれているか?ではなく、健康影響が心配される成分や物質がいかに少ないか、悪いものがいかに少ないかで判定しました。
安心できる子供の食品選びに、少しでもお役に立てば幸いです。
×  注意
△ 不安
〇 安全
◎ 安心

商品名:シャウエッセン(日本ハム)

シャウエッセン

評価:〇 安全
ウィンナーらしいウィンナー
添加物は、化学調味料、リン酸塩、発色剤、ビタミンCのみ。
リン塩酸は、肉の結着補強だけではなく、保水性を高める効果もあるため、結着材料が必要ないことを証明しています。

また、最近は燻製系のウンナーを多く見かけますが、スモークフレーバーとも呼ばれる「くん液」は、燻製したかのような香りを出す香料です。

「くん液」はじっくり燻製する手間を省くために使われている添加物ですので、注意しましょう!

一般的なハム、ソーセージ類には、リン塩酸、酸化防止剤、化学調味料、発色剤が含まれています。

原材料名:豚肉、豚脂肪、糖類(水あめ、ぶどう糖、砂糖)、食塩、香辛料、リン酸塩(Na)調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC),
発色剤(亜硝酸Na)

含まれるアレルギー成分:豚肉

商品名:ウィニーミニ(日本ハム)

ウィニー
評価:×  注意
これは、ビックリ!というか、ショックでした。。。
見た目も子供向けで安心していましたが、調べてみて子供に危険な添加物が含まれていました( ̄▽ ̄;)!!ガーン
ゼラチンや大豆たん白だけでなく、発がん性疑惑のある加工デンプンまでもが含まれています。
酸化防止剤などの定番添加物の他、カルシウムの天敵(リン)を含む恐れのあるpH調整剤も使用されています。

原材料名:豚肉、鶏肉、結着材料(ポーク粗ゼラチン、大豆たん白)、豚脂肪、還元水あめ、食塩、ポークエキス、水あめ、香辛料、加工デンプン、未焼成Ca、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料抽出物

含まれるアレルギー成分:大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

スポンサードリンク

商品名:ミートボール(石井食品)

ミートボール
評価:◎ 安心
添加物不使用のめずらしい食肉製品
つなぎやソースにも添加物が一切使われていません。
味付けは、砂糖や水あめ、しょうゆ、みりん、醸造酒です。塩分は(1袋120gあたり)1.6gと少し高めなので、子供には半袋くらいが適量だと思います。
お弁当のときにも使えるのでおすすめですね。
今後我が家のミートボールはコチラに決定しました!

原材料名:
鶏肉、たまねぎ、つなぎ[パン粉(小麦を含む)、でん粉]、しょうが汁、食塩、水あめ、醸造酢(小麦を含む)、揚げ油(なたね油)、ソース[砂糖、トマトペースト、醸造酢(小麦を含む)、みりん、しょうゆ(大豆・小麦を含む)、でん粉、食塩、香辛料]

含まれるアレルギー成分:小麦、大豆、鶏肉

商品名:マルシンハンバーグ(マルシンフーズ)

マルシン
評価:△ 不安
添加物は少なめでもカロリーと塩分が気になるところ
つなぎや増量材は多く使われていますが、添加物は4種類です。
化学調味料、リン酸塩、pH調整剤は、リンが含まれている可能性が有ります。
1袋206kcal、塩分1.2gなので、食べ過ぎには注意したい製品です。

原材料名:
食肉等、(鶏肉、豚肉、牛肉、豚脂肪)たまねぎ、つなぎ(パン粉、でん粉、粉末状大豆たん白)、食用油脂、粗ゼラチン、粒状大豆たん白、食塩、トマトケチャップ、チキンエキス調味料、砂糖、香味調味料、香辛料、醸造酢、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤グリシンリン酸塩(Na)、(原材料の一部に小麦、乳成分を含む)

含まれるアレルギー成分:小麦、乳成分、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

終わりに

今回は食肉加工食品に含まれている添加物を商品別に評価してみましたが、如何でしたか?
お子様のお弁当や普段のおかずのに役立つ食肉加工食品ですが、やはり中には子供にとって危険な添加物が含まれている食品もありました。
また、アレルギー物質が多く含まれているいる食品は、それだけ多くの添加物を使っているということになりますね。
アレルギーに関わらず、子供の健康のためには、できるだけシンプルな原材料の商品を選びたいですね。

スポンサードリンク

One Response to “添加物は子供の健康上メリットなし!危険な添加物を避けよう!”

  1. 匿名 より:

    亜硝酸ナトリウムが使われているシャウエッセンが、なぜ安全なの?あほか

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ