大根(効能、栄養素、食べ合わせ、保存方法)完全ガイドブック!

大根

こんばんは~、シュガーソルトです。

今日はテーマは大根です。いつものように効能、栄養素、食べ合わせ、保存方法を徹底チェックしていきたいと思います。

僕にとって大根と言えば、おでん!昔からコンビニなどでおでんを買うときは、絶対に選んで買っていました^^味がしみてて最高です。

あとは大根おろし。これまた、焼き魚やハンバーグに乗っけて普段からよく食べていますよね。

そんな普段何気なく食べている大根ですが、一体どんな良い効能があるのでしょうか~?

スポンサードリンク

大根の効能&栄養素

まずは大根の効能からチェックです!

大根の効能~こんな症状に効果的~

  • 消化不良
  • 胸やけ
  • 二日酔い
  • 胃潰瘍
  • がん予防
  • 風邪
  • 冷え性
  • 口内炎
  • 歯ぐきの腫れ
  • 吹き出物

多くの人が大根でイメージするのは根の部分だと思いますが(葉の部分ではなく)、この根の部分には消化を促す酵素が豊富に含まれています。でんぷん分解酵素のジアスターゼは、胸やけや胃もたれを予防、また、がん予防に効果のある、酸化酵素オキシターゼなども含まれます。

この消化酵素を沢山摂取するには、大根おろしなど生で食べるのがいいそうです。胃もたれや、胸やけしているときなどは大根おろしを食べましょう^^


大根の栄養素

次に栄養素をチェックです。大根は根と葉で含む栄養素が大きく異なり、根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜に分けられます。それぞれ見てみたいと思います。

根(皮つき):可食部100g中

エネルギー 18kcal
ビタミンA(βーカロテン) 0μg
ビタミンC 12mg
食物繊維 1.4g
カルシウム 24mg
カリウム 230mg
葉酸 34μg



葉:可食部100g中

エネルギー 25kcal
ビタミンA(βーカロテン) 3900μg
ビタミンC 53mg
食物繊維 4.0g
カルシウム 260mg

大根のイメージは根の方が強いですが、栄養素的には圧倒的に葉の部分のほうが豊富ですね。なので炒め物や味噌汁の具などにして、葉の部分もしっかりと食べたいところです。

スポンサードリンク

大根と相性のいいおススメ食べ合わせ

続いて、大根と相性のいい食材&効能のご紹介です。

  • 大根 + ほうれん草かぼちゃ鶏肉ホタテ貝(いずれか)
    • ● 胃がん予防

      ● 大腸がん予防

      ● 強肝作用

  • 大根 + なすごぼうにんじんシジミ(いずれか)
    • ● 糖尿病予防

      ● 貧血予防

  • 大根 + ばななとうがん牛乳りんご(いずれか)
    • ● 胃潰瘍予防

      ● 十二指腸潰瘍予防


大根の保存方法・期間

最後に、保存方法・期間を確認しておきましょう!大根おろしって冷凍保存できるのでしょうか?
※根の部分の保存方法・期間になります。

状態 保存方法 保存期間
丸ごと 根と葉を切り分ける。湿らせた新聞紙で包む。ラップをして冷蔵庫へ 1週間程度
冷凍:根
(生)
いちょう切りにする。冷凍用保存袋に入れ空気を抜きながら密封し冷凍庫へ 2週間程度
冷凍
(大根おろし)
すりおろして、水けを切る。小分けにしてラップにのせ空気を抜きながら包む。冷凍用保存袋に入れ冷凍庫へ 3週間程度

終わりに

最近、お医者さんから〝早期発見が難しい大腸がんが増えている〟という話を聞きました。その予防として、大根おろし+肉が効果的だそうです。

大根おろしを冷凍保存で作り置きしておけば、簡単に肉料理に添えることが出来るので、是非皆さんもやってみてくださいね^^

では、本日も最後までご精読ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ