梨(なし)の効能、栄養、梨園の方に聞いた梨のすごいチカラ!

なし

こんにちは、フィッシュです。
先日、千葉県のある梨園に梨を買いに行ってきました^^
毎年、お盆の時期にお世話になっている方々へ暑中見舞いとして梨を送っています。
そこで今日はその梨について調べてみることにしました。
梨にはどような栄養があって、どのような効能が期待できるのか?
また、梨農家の方から色々お話しを聞いてきたので、併せて報告します。

スポンサードリンク

梨の主な種類

豊水(ほうすい)
昭和47年に農林8号として登録され、果実は赤褐色の球形。
重量は300~350gと大きくなるのが特徴で、甘みが多く酸味も適度にあります。
肉質は柔軟多汁で、品質は優良。
8月下旬~9月中旬に熟す中世種といわれ、梨(なし)の病気、黒斑病に強く、幸水(こうすい)に次いで多く栽培されています。

幸水(こうすい)
幸水
昭和16年、菊水に早生幸蔵を交配して育成され、両親の名から1字ずつとり幸水と命名されたようです。
昭和34年に農林3号として登録され、赤梨(なし)早生の代表品種です。
果実は丸く、尻の部分が広く深く凹む特徴があります。
重量は250g~300gで、甘味が多く、肉質は緻密で柔軟多汁の極上の品質です。
8月下旬に収穫のピークを迎え、こちらも全国で広く栽培されています。

長十郎(ちょうじゅうろう)
明治28、29年ころに神奈川県川崎の梨(なし)園で発見された偶発実生です。
昭和初期に関東地方で広く栽培された赤なしの代表品種で、果実は赤褐色の球形です。
重量は250~300gで、肉質は、硬く甘みがあり、シャキシャキとした歯触りが特徴です。
8月下旬~9月上旬に収穫のピークを迎える梨(なし)です。

二十世紀(にじっせいき)
明治21年ごろ、千葉県松戸のゴミ捨て場で発見された偶発実生で、青なしの代表品種。
果実は緑色で美しく、上品な甘みと多汁で柔らかい肉質の極上の品質で、日持ちもします。
9月上旬に熟す品種で、黒斑病に弱いので、有機栽培されています。
主な産地は鳥取、長野、新潟など。
また、海外にも輸出されている品種です。

新高(にいたか)
赤なし晩生の代表品種で、果実は500g以上の大果になります。
果肉は柔らかく多汁、暖地では糖度が高く、肉質も日持ちも良好です。
9月中下旬~10月にかけて収穫され、主な産地は九州、四国で栽培されています。

梨類の生産地別出荷量ベスト3

1位 鳥取県
2位 千葉県
3位 茨城県

スポンサードリンク

梨(なし)の栄養と効能

梨(なし)の成分値(可食部100gあたり)
エネルギー43kcal
炭水化物11.3g
カリウム 140mg
ビタミンC 3mg
食物繊維 0.9g

豊富な食物繊維が魅力!

梨(なし)の細胞は、細胞壁が肥厚した石細胞という構造を持っているために特有の歯触りがあります。
石細胞の細胞壁は体内で消化されずに食物繊維として機能を果たしているために、整腸作用や便秘予防、糖尿病、高脂血症の予防が期待できます。
また、高血圧を予防するカリウムと食物繊維が豊富です。

独特の食感は大腸がんを阻止!

梨(なし)の特徴でもあるザラザラする歯触りは食物繊維中の石細胞、リグニンという成分です。
これは大腸がんの予防につながると報告されています。

甘味の効果

ソルビトールという甘み成分は便通をよくします。
ブドウ糖に比べてカロリーが低く、血糖値の上昇をゆるやかにするので、糖尿病予防にも役立ちます。

果物の甘みは果糖、ショ糖(砂糖)、ブドウ糖からなりますが、梨(なし)には果糖が多く含まれます。
果糖は少量でも甘みが強いので、エネルギーが低い割には甘く感じるのが特徴です。
また、果糖は低温の方が甘みが強いので、冷やして食べると甘さが増します。

ただし、下痢をしやすい人は食べ過ぎに注意してください。

選び方と保存期間

「梨は大きさより重さを重視!」と今日の梨園の方が教えてくれました^^
持ったときに大きさのわりに、ずっしりとした重みを感じたら密度が詰まって、美味しい証拠ということでした。
また、表皮に張りがありつつも硬すぎず、傷がないものを選びましょう。
保存は冷蔵庫の野菜室で保存します。
室温で保存する場合の期間3~4日程度。
未熟なものは室温で追熟させてから冷蔵庫の野菜室に移しましょう。

梨園の方からアドバイス!

芯のまわりはざっくりと切り取り、種には酸味があるので、芯ごと取ります。
皮をむいたら、色止めにレモン汁を振りましょう!

梨はお肉を美味しくする!?
焼き肉のときには梨をすりおろして、15分ほど肉を漬けます。
梨には、肉繊維を束ねる筋をゆるめ、柔らかくする力があり、肉は霜降り肉のようなやわらかさになるそうですよ!

確かに、肉料理の口直しに梨のデザートは理にかなった食事のようです。
梨には、肉類の消化を助ける、たんぱく質分解酵素が含まれています。
また、肉料理で不足がちな食物繊維を梨で補えるので、お肉料理のあとに是非、食べたい果物ですね。

終わりに

今日は梨について書いてみましたが、如何でしたか?
梨園の方は、夏風邪をひいたときにも「梨をよく食べるようにしている」と言っていました。
喉の痛みにジューシーな果汁と、ほんのりとほどよい甘みは夏の暑さで乾いた喉を潤してくれるのにぴったりですね。

スポンサードリンク

One Response to “梨(なし)の効能、栄養、梨園の方に聞いた梨のすごいチカラ!”

  1. Doc より:

    It’s a relief to find sooenme who can explain things so well

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ