冷凍マグロの解凍方法 生マグロ同様しっかりした美味しさを味わうコツ

マグロ
こんにちは、フィッシュです。
今日は、日本時に人気のある魚「マグロ」について書いてみたいと思います。
マグロといえば、高級マグロから、比較的安い価格で売られているものまでありますが、なぜこんなに値段に差があるのでしょうか?
スーパーなどで売られているマグロとはどんな種類なのでしょうか?
そこでマグロについて調べてみましたので、紹介したいと思います。
また、冷凍マグロをご自宅で上手に解凍して、生マグロのように美味しく食べる方法もご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

マグロってどんな魚?

マグロは最高級のものから庶民向けまで、いくつかの種類に分けられる魚です。
クロマグロ→ミナミ→メバチ→キハダ→ビンナガの順で値段が安くなっていきます
ここで、注目することは、実は名前にマグロとつくのは「クロマグロ」だけです!
お寿司屋さんにはなくてはならない魚で、日本人がもっとも好む魚ですね。
クロマグロの幼魚を関東では、メジと呼び、関西ではヨコワと呼ばれています。
キハダ・ビンナガにいたっては、漁師さんのあいだでも「所詮マグロっぽい魚」「あやかりマグロ」と言われたりしています。

クロマグロの特徴

高級寿司屋のトロといえば、このクロマグロのトロのことです。
マグロ類の中では最大の大きさを誇り、体長3m、体重300kgにもなりその巨体に美味しさが詰まっています。
赤身についてはマグロの中で最も赤いといってもよく、脂肪も多いのが特徴。
トロというのは、マグロの下腹の部分のことで、その部位と脂肪ののり方で大トロ、中トロとに分かれます。

クロマグロの旬は冬です。
冬に最も脂がのって、トロも一段と美味しくなります。
若魚のメジ(ヨコワ)は夏が旬になります。

「トロは脂が多く、体に悪そう・・・」と思う方もいると思いますが、トロの部分にはDHAと呼ばれる物質が多く含まれており、DHAは脂肪酸の一種で、頭の働きを良くしたり、老化を防ぐ働きがあるとされています。
「魚を食べると頭がよくなる」はこのDHAからきています。
また、マグロにはタンパク質が多く含まれており、生鮮食品の中では最高です。

メジマグロとは?
マグロの王様、クロマグロの幼魚。
王様の血を引くだけあって美味しさは保証付きです。
旬を迎える夏には、冬を旬とするクロマグロより美味しくなるという方もいます。

ミナミ(マグロ)の特徴

ミナミ(マグロ)は日本近海では獲れない魚(マグロ)です。
ミナミ(マグロ)は南半球の温帯に生息し、北半球には来ない魚(マグロ)なので、日本に輸入されてくるのは冷凍したものになります。
輸入物だからと質が落ちると疑いの目で見がちですが、ミナミ(マグロ)はクロマグロにもっと近い魚(マグロ)です。
姿形もよく似ていて、味わいもクロマグロに近いと言われています。
クロマグロとミナミ(マグロ)の味わいが近いのは生息する海域の特徴が似ているからだとも考えられています。
クロマグロは北半球、ミナミ(マグロ)は南半球ですが、ともに比較的水温の低いところも回遊しています。
水温の低さに対抗するため、適度に脂肪をつけているので、味わいも似ていると言われています。

また、ミナミ(マグロ)の良いところはクロマグロの近海モノと違い年中手に入る点です。
季節を問わず、安定した質のものが手に入るので、お寿司屋さんによってはミナミ(マグロ)を中心に取り扱っているお店もあるそうです。

しかし、そのミナミ(マグロ)も生息する海域によって優劣があります。
オーストラリアやニュージーランドで獲れるミナミ(マグロ)は評価が高く、一方、インド洋で獲れるミナミ(マグロ)は少しやせ気味で、味が及ばないと言われています。
ミナミ(マグロ)の購入時には、チェックして見るようにしましょう!

スポンサードリンク

冷凍マグロの解凍のコツ

冷凍マグロを家庭で上手に解凍するコツを紹介します。
水っぽくなく、生マグロ同様のしっかりした美味しさが味わえます。

用意するもの
・キッチンペーパー、またはサラシ
・約40℃の温塩水(4%=水1ℓ+塩40g)
・マグロがすっぽり入る容器

①マグロを温塩水につけ数分置く。(200gのサクで1分、500gのブロックで5分程度。)
②表面の塩分を流水でさっと流し、水気をしっかり拭き、キッチンペーパーかサラシで包む。
③冷蔵庫内で解凍させる。時間はサクで20分、ブロックで60~90程度。
④時間がきたら切身にして食べる。

この処理をするだけで、水っぽさがなく、生マグロ同様のしっかりした美味しさが味わえますので、是非試してみてください。

美味しいマグロ(切り身)の見分け方

木目がまっすぐで綺麗にそろっているものは体の中央部にあたり〝上モノ″です。
逆に、木目が詰まり不規則なものは尾に近い部位で味が劣りますので、木目が真横で等間隔、平行なものほど美味しく食感がよいです。
その他、サクや刺身の色があせていないものキメの細かいもの黒ずんでいないものを購入前にチェックしましょう!
最近は急速冷凍技術の向上で、冷凍モノでも生マグロに負けないほどなので、お店でしっかり観察してから購入してください。

終わりに

今日はマグロについて書いてみましたが、如何でしたか?
冷凍マグロも上手に解凍することで美味しく食べることができるので、輸入モノだからと先入観にとらわれず、口にする機会があれば、是非、その味わいを楽しんでみてください。
次回は、キハダ、メバチ、ビンナガについて書いていこうと思いますので、そちらも参考していただけると嬉しいです^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ