五大栄養素って何?炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル

野菜

こんにちは、シュガーソルトです。

今日は五大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)について書いてみたいと思います。

僕は6月の後半から自炊生活を始め、今日で約2週間たちました。一応毎日ご飯を作って食べているのですが、そろそろ栄養の基礎知識をもっと勉強しないといけないな~と最近よく思うんです。

で、今日はまず栄養の基本中の基本ということで、五大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)について調べてみました^^

スポンサードリンク

五大栄養素って何ですか?

  • 炭水化物
  • 脂質
  • たんぱく質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • エネルギー源となるものとして、炭水化物・脂質・たんぱく質。
  • 体の機能を調整するものとして、ビタミン・ミネラル。

この5つの栄養素が、体に必要な五大栄養素を呼ばれています。

では、それぞれの主な働きを一つ一つ見ていきましょう。

炭水化物

炭水化物はエネルギー源となる「糖質」と、便や老廃物の排出促す「食物繊維」を合わせた総称。
ごはん、パン、麺類や、いも類、豆などに豊富に含まれる。

脂質

脂質は、体内で血液・細胞膜・ホルモンなどを作る。又、体温を保つ働きもある。
肉、魚、バター、植物油などに豊富に含まれる。


たんぱく質

たんぱく質は筋肉、内臓、ホルモン、酵素、脳の神経伝達物質などをつくる。
肉・魚・大豆・乳製品に豊富に含まれる。

ビタミン

ビタミンは、体の機能を正常に働かせる役割をもち、脂質・たんぱく質・糖質の働きを助ける。現在13種類確認されており、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分けられる。
野菜、果物に豊富に含まれる。(肉や魚にも含まれる。)

ミネラル

ミネラルは骨格の形成、体温の調整、酵素やホルモンの成分、神経や筋肉の機能維持に使われる。少しの量でも健康維持に必要な必須ミネラルは現在16種類確認されている。
主なミネラルナトリウム・カリウム・カルシウム・鉄・亜鉛。

スポンサードリンク

五大栄養素の中で不足しがちなものは?

五大栄養素について調べてきましたが、現在の食生活において炭水化物脂質たんぱく質の3つはあまり意識しなくても(普通に食事を取っていれば)、一日の必要量が十分取れているようです。

不足しがちなのは、ビタミンミネラル

ビタミンとミネラルが豊富に含まれている食材は、野菜きのこ類海藻類などで、これらを使った料理は主に副菜となるので、副菜をちゃんとに食べることが今の食生活で重要になるとのことですね。

外食の多い方へ

僕も最近までずっーっと外食か、お弁当ばかりの食生活だったので、どうしても副菜が不足してしまうのでビタミン・ミネラル不足になっていました。。。。。

そういう方は、サイドメニューとして野菜料理を1品追加して食べるように意識しましょう。サラダ・具沢山の味噌汁など。

毎日のことなので、これを意識するだけで体調も全然違うと思います!

終わりに

今日は五大栄養素について書いてみましたが、確かにビタミン・ミネラルは不足しているな~という感じがしました。

なので、今後はビタミン・ミネラルが多く含まれていて僕にでも作れる副菜料理を1品追加!

これをテーマに自炊生活を続けていきたいと思います。そして、料理初心者の僕でも作れる簡単な副菜料理をどんどん紹介できたら、と思っています。

では、本日も最後までご精読ありがとうございました。この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ